物忘れ対策になる予防グッズ

物忘れ対策になる予防グッズ

物忘れは本格的な認知症と違いまして対策や予防をすることも十分に可能となっています。
そのためにはどんなグッズを用意して、対策をしていったらいいのでしょうか。

 

物忘れの予防グッズとしてよく使われるのがパズルの本や漢字の本になります。
頭の体操という言葉をよく耳にすると思いますが、普段使わない頭の部分を使ったり、計算したりすることによってボケや物忘れを予防するのです。
ただの数字の計算だと難しくてすぐ辞めてしまいがちですが、これが漢字を書いたり、パズル問題を解いたりすると楽しくなりながら対策することができます。
本屋にいけばたくさんのパズル本が販売されていますし、ナンクロや数独や数字埋めといった種類もありますので、自分の好みのものを選んで頭の体操をすると良いでしょう。

 

初めは難しくてもパズルを解けるようになれば頭の回転が良くなっている実感が湧きますし、楽しいですし、知識も増えてメリットが多いです。

 

次のグッズとしておすすめなのが嗅覚から刺激を与えるアロマになります。
嗅覚を刺激することによって脳の記憶に携わる部分を活性化させることができると言われておりまして、アロマを利用するのです。
またアロマが良いと言いましても人間は昼と夜とでは、刺激の関知の仕方が違いますので匂いを変えたり、方法を変えたりするのも良いかもしれません。
ローズマリーやラベンダーなどといった落ち着くものがおすすめになります。
嗅覚と聞くと香水を思い浮かべる方が多いと思いますが、アロマは心も落ち着かせてくれるものですので、違うものだと認識しておきましょう。
実際の口コミでアロマを利用することによって認知症が予防できているといった声も多数あります。

 

最後におすすめになるのが物を忘れたりしたときに鳴るアラーム系のものが良いでしょう。
実際に物を忘れる前に予防するといったものではありませんが、それを繰り返していくうちに知らない間に習慣化してしまう恐れがあるため、少しでも忘れそうになった時にアラームを鳴らして気づかせてくれるのです。
鍵を忘れたりしたときにすぐに音で知らせたり、光が点滅したりして今忘れている状態であることを素早く伝えてくれます。
そうすることによって習慣化することを防ぎ、無くしてしまいがちなものを無くさないようにしてくれます。

 

このようにさまざまなグッズがありまして、その他にもゲームをしたりするのも良いですし、グッズがなくてもよく喋ったり、物事を考えたりして防ぐこともできますよ。