認知症 予防

認知症は生活習慣を見直したり簡単トレーニングで予防しましょう!

脳の細胞がさまざまなことが原因で死んでいったり、その細胞の働きが正常ではなく悪くなってしまうことで、生活に支障が出る状態を認知症とよんでいますが、2025年には700万人を超える患者の数が想定されています。誰にでも発症する可能性があるものですが、近ごろの研究において認知症を予防することができるといわれており、生活習慣を見直したり、簡単なトレーニングをすることが対策としてあげられています。

 

 

生活習慣を見直すことでは、ひとつに食事内容があります。予防に効果的とされている食品には、DHAやEPAが豊富に含まれています魚を食べたり、ビタミンCやE、βカロチンを含む野菜や果物などを、積極的に摂り入れることが良いとされています。そして、適度な有酸素運動を1日おきごとに行うことや、話をしたり、文章を書くことや読むことなどを続けていくことが、脳を良い状態に保つことができるといいます。

 

 

また、食事を摂る際には、食べ物を良く噛んで咀嚼回数を増やすことが大事なこととされています。これは、噛むことが脳を刺激することにつながるものですから、記憶力や集中力を高めることができて、認知症になりにくくすることが期待されています。ここでは、自身の歯を一本でも多く残すことが大切になりますが、入れ歯であってもかみ合わせが合っていることが重要になりますので、歯医者さんでしっかりと自身の歯に適した入れ歯を作ってもらうのがいいでしょう。

 

 

脳を鍛える簡単なトレーニングには、自身が1日体験したことを思い出して日記につけていくことも、効果的な簡単にできるトレーニングといわれています。また、食事を準備する時の調理を、順番を考えながら同時にメニューを進めていったり、買い物の計画を立てることなども、日ごろできる簡単なトレーニングになるといいます。手先や頭を使ってのゲームや趣味を作って楽しく行うことも、認知機能の低下を防ぐことが期待されますので、実行していきたいものです。

 

 

認知症の予防には、生活習慣病にならないことも重要なこととされていますので、DHAやEPAが豊富に含まれています魚を食べたり、これだけではなくて栄養素をバランス良く体内に摂り入れることも必要になります。特に高齢になりますと、身体のなかでも脚や腰が衰えていくものですから、適度な有酸素運動を行って、筋肉量を少しずつでも増えるように努力をしていくことも、認知症の予防につながるとされています。