物忘れ対策 効果 食べ物

物忘れ対策に効果のある食べ物とは?

年齢を重ねるにつれて、物忘れを伴うことがあります。人によって多少差がありますが、物忘れ対策を頭に入れておくことは、役立つことになります。

 

物忘れ対策には、毎日食べる食べ物を見直し、効果のあるものをとりいれることで、効果があらわれることが多くあります。逆に、脳の働きを悪くする食べ物を控える習慣をつけることも大切なこととなります。

 

たとえば、認知症のリスクを高めるのは、脂質や飽和脂肪酸、コレステロールのとりすぎであると言われています。したがって、こういった成分を多く含む食品をとりすぎないようにします。脂の多い牛肉をとりすぎると、脂質や飽和脂肪酸、コレステロール値が高くなりますので、注意します。

 

豚肉や卵黄、レバー、マトンなどは、物忘れ対策に役立つ食品となっています。また、ナッツや豆腐、コーヒーなども効果のある食べ物です。初期の認知症の人がコーヒーを継続的に飲み続けたところ、症状が改善したという報告もありますので、覚えておきます。コーヒーは、インスタントコーヒーでは効果がなく、浅煎りのコーヒーが効果があります。

 

また、最近DHAという栄養分について、よく耳にします。マグロやサバ、ブリ、アジなどの青魚に多く含まれる成分で、脳の働きをよくする成分であることが解明されています。昔から日本人がよく食べてきた、魚料理を食べる習慣をつけると、脳の働きがよくなり、昔はあまりなかった認知症といった症状から遠ざかることが出来るようになります。

 

毎日の食事は、バランスのとれたものをとりいれることが必要です。魚料理に豆腐や大豆製品、野菜料理をうまく組み合わせて、献立を考えます。

 

そして、食後や休憩時間には、豆を挽いて、コーヒーを飲む習慣をとりいれます。60代以上になり、自宅で過ごすことが増える男性などにも、豆を挽いてもらい、美味しいコーヒーを味わう習慣をつけてもらい、ゆっくりと家族と過ごすようにします。物忘れをしている暇がなくなります。

 

物忘れ対策に効果のある食べ物について、知識を得たら、手を動かして、料理をします。このあたりの作業でも、脳の働きがよくなり、材料えらび、下準備、料理、食事、後片付けといった一連の作業が毎日続くことで、認知症を寄せ付けない生活となります。

 

 

年齢を重ねて、家事が大変な気がして、出来上がったお総菜を買い、ぼんやりと食事をしていると、物忘れ等を起こす原因となります。早い時期から手を動かし、美味しいお料理ご飯を食べることで、物忘れ対策をしていることになります。